伝統板・第二

414684
「谷口雅春先生に帰りましょう」は、こちらです。「案内板」は、こっちです。

本掲示板の目的に従い、法令順守および社会倫理の厳守をお願いします。本掲示板の管理人は、聖典『生命の實相』および『甘露の法雨』などの聖経以外については、どの著作物について権利者が誰であるかを承知しておりません。「著作物に係る権利」または「その他の正当な権利」を侵害されたとする方は、自らの所属、役職、氏名、連絡方法を明記のうえ、自らが正当な権利者であることを証明するもの(確定判決書又は文化庁の著作権登録謄本等)のPDFファイルを添付のうえ、本掲示板への書き込みにより、管理人にお申し出ください。プロバイダ責任制限法に基づき、適正に対処します。

ほめる ③ - 伝統

2018/10/12 (Fri) 03:03:30

  *伝統板・第二「ほめる②」からの継続です
     → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6903632

・・・

《ほめ写、子供の自己肯定感伸ばす》

       *日本経済新聞(2018/9/25)より

子供の意欲や自信のもとになる自己肯定感を、写真を使って高めようという試みが
注目を集めている。子供の写真を撮って自宅の壁などに飾り、それを見ながら
親が子供をほめる「ほめ写」と呼ばれる取り組みだ。

日本は先進諸国と比べて、子供の自己肯定感が低いとされる。

ほめ写を推進する教育関係者らは
「自己肯定感を伸ばす新たな子育て習慣として定着してほしい」と期待を寄せる。



東京都品川区の会社員、善村公一朗さん(40)宅のリビング壁には7月から、
長男で小学2年生の凌大君(7)の写真が飾ってある。

鉄道博物館でシミュレーション運転をする様子、
ユニホーム姿で野球のバットを構えたポーズ、
七五三でスーツを着てちょっと気取っているところ……。

母親の知沙都さん(40)が撮った写真から、凌大君が選んだ。
「毎日、見るのが楽しい」(凌大君)という。

凌大君は1月の早生まれ。
知沙都さんは「同級生とつい比較しては、できないことばかりに目を向けていた」
と振り返る。

写真を見るうちに
「4歳の弟の面倒をみるなど、いろんなことができるようになったな、
と成長を実感する」。

ほめ写を始めて以来、

「他の子供と比べるのではなく、何年か前の我が子と今の我が子を比べてほめる」

よう心掛けている。

「この部屋全体に写真を貼ってほしい」と凌大君は話す。
親に愛され、存在価値を認められていると実感し、自己肯定感を高めているようだ。

 
東京都江東区で会社員の夫(41)と3人の子供と暮らす豊恵里子さん(38)も、
ほめ写を実践している。

飾っているのは長男で小学3年のりゅうせい君(9)の写真が中心。
家族5人で写る正月の風景、テーマパーク訪問時や入学式の写真など10枚だ。

写真を見ながら「あのときは楽しかったね、などと子供と思い出を話し合っている」
(恵里子さん)。

ほめ写を始めて、りゅうせい君は「クラスでの発言が増えたり、
苦手だった水泳にチャレンジしたり、積極性が出てきた」と恵里子さん。

「兄弟げんかの時、壁にある笑顔の写真が仲直りのきっかけになる」といった
家族のコミュニケーションにも好影響が出た。

 
ほめ写を推進する教育評論家の親野智可等氏、東京学芸大学の岩立京子教授らの
プロジェクトチームが2月、4~12歳の子供を持つ親600人を対象に実施した調査によると、
「家に子供の写真を飾っている」と答えたのは48.3%。

場所(複数回答)は、リビング(70%)、寝室(16.4%)、子供部屋(15.9%)などだ。

親野さんは現役の小学校教員時代に
「自己肯定感の高い子供の家庭の多くに、写真プリントが貼られていた」ことに気づき、
「写真を使ってほめるという子育て習慣を広めたい」と思い立った。

「子供の努力や達成をほめることと、存在そのものをほめることの両方が
自己肯定感を高めるには必要」と親野さんは強調する。

発達心理学が専門の岩立教授も
「ほめて、認めて、支えることが、子供の自信を育む」と指摘する。

 
なぜ、貼った写真を見てほめるとよいのか。
岩立教授によると

(1)写真を飾る段階で、子供は自分のことを気に留めてくれたと感じる

(2)写真は記憶と心地よい感情を想起しやすい

(3)写真が対話のきっかけになり、愛情が伝わる――といった利点があるという。

現代はデジカメやスマートフォンで手軽に撮影できる半面、
大量の画像はデータのままで保管されがち。

「プリントして冷蔵庫などに貼り、常に目に留まるようにするのが大事」と岩立教授は話す。

ただし、ほめ写はどんな子供にも効果があるわけではない。
「自分を受け入れられないといった理由で、自分の写真を見たがらない子供もいる。
その場合はほめても自己肯定感の向上にはつながらない」(岩立教授)。

子供の特性を見極めることも大切だ。

・・・

日本の若者、低い自分への満足度

日本を含めた7カ国の13~29歳を対象にした内閣府の
「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」(2014年)によると、
「自分自身に満足している」と答えた日本の若者は全体の45.8%と、
米国(86%)、英国(83.1%)などを大きく下回る。

「自分には長所がある」との回答も日本は68.9%で、
米国(93.1%)、ドイツ(92.3%)などに比べて低い。

周りから突出するのをためらう国民性や、試験の結果が社会的評価につながりやすい傾向を
差し引いても、日本の子供は先進諸国と比較して自己肯定感が低いと言える。

子供を積極的にほめない親の姿勢も背景にある。

国立青少年教育振興機構の
「子供の頃の体験がはぐくむ力とその成果に関する調査研究」(18年)によると、
自己肯定感は社会を生き抜くのに必要な「へこたれない力」「コミュニケーション力」
「意欲」と深い相関関係がある。

能力や存在意義を確認する機会を家庭で意識的に設けることが、
子供の生きる力を高める原動力になりそうだ。


・・・

<関連Web>

(1)「光明掲示板・第一」内のスレッド「讃嘆(ほめる) (1532)」
   → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou&mode=res&log=339

(2)「光明掲示板・第二」内のスレッド「讃嘆 (897)」
   → http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou2&mode=res&log=232

(3)「光明掲示板・第三」内のスレッド「讃嘆」
   → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou3&mode=res&log=34

(4)「光明掲示板・伝統・第一」内のスレッド「ほめる」
   → http://bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=wonderful&mode=res&log=9

(5)伝統板・第二「ほめる①」
   → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6462900

            <感謝合掌 平成30年10月12日 頓首再拝>

お世辞のように聞こえない「褒め言葉を伝える方法」 - 伝統

2018/10/24 (Wed) 02:06:00


     *Web:MAG2NEWS(2018.09.03)より

接客のプロが人を褒める時、ボソッと独り言のようにつぶやく理由

《独り言的本音》

お客様を褒めることは、とても大切なことです。

例えば何かを試着されたりした時には、
「よくお似合いですね」などといった言葉を使って褒めることがありますよね。

何も言わずに、淡々と商品説明を続けられるよりも、一言でも二言でも、
何か褒められる言葉があると、お客様は安心します。


しかし一方で、お客様は、販売員の本音を聞きたがっているのも事実です。
なぜなら、お世辞を言われることに嫌気が差しているからです。

「よく似合いますよー!」

「バッチリですよー!」

こういった言葉だけで褒められることは多いものの、
どう聞いてもお世辞にしか聞こえなかったり、
ただ言っているだけのような気がしてならないというお客様はたくさんいます。


そう思われないために、私はたまに、意識してやっていることがあります。
独り言的な褒め言葉をつぶやくことです。

簡単に言ってしまうと、「よく似合いますよ!」と明らかにお客様に伝えるのではなくて、
独り言のように、「やっぱり似合うなー」などとボソッとつぶやくということですね。
それも、お客様に聞こえるかどうかくらいの声でつぶやきます。

もちろん言うまでもなく、どちらの場合でも、本心で思ったことしか
言うことはないのですが、明らかに伝える場合と、ボソッとつぶやく場合とでは、
受け取る側の感じ方が違うんですね。

明らかに伝える場合は、本心から言っていても、やっぱりたまに、
お世辞のように聞こえてしまうことがあります。

ですが、同じ言葉でも、ボソッとつぶやく場合では、
本心から出ているようにしか聞こえないのです。
それをあえて意識してやっているということなんですね。

人によって、思いっきり伝えても、
お世辞に受け取られないタイプの接客をする人もいますから、
それはそれでいいとして、
特に私のような接客をするタイプには、この伝え方が効果的なのです。


どちらが良いかは、その時々にもよりますが、
独り言的につぶやくことは、本当に心から思って出ている言葉だと
受け取ってくれやすくなるので、やり方として知っておくのも良いでしょう。

   ( https://www.mag2.com/p/news/369523 )

            <感謝合掌 平成30年10月24日 頓首再拝>

上手に人を「ほめる」8つのコツ - 伝統

2018/11/15 (Thu) 02:39:04


        *Web:リクナビNEXTジャーナル(2016年8月8日)より

(1)具体的にほめる

  △「最近の活躍ぶりはすごいですね」

   「さすがですね」


  〇「あの会社から大型受注できたなんてすごいね」

   「あのプレゼン資料、説得力があってよかったよ」


(2)質問スタイルでほめる

   「どうしたらあなたみたいに◯◯がうまくできるようになるの?」


   人は質問されると答えたくなる習性があります。
   ストレートにほめると「イヤイヤ」と謙遜されてしまい、
   会話が深まらない可能性がありますが、
   この方法であれば対話が活発化します。

   そして相手から情報を引き出すことができ、勉強させてもらうこともできるのです。


(3)「憧れています」とほめる

   「私、○○さんのファンなんです!」


   「ファン宣言」は、能力や行動といった部分的な要素ではなく、
   その人の存在すべてを愛するという高次元なほめ方。

   部下から上司へ、後輩から先輩へ、他部署の人へ、取引先の担当者へ…など
   さまざまな場面で使えます。


(4)第三者へ紹介しながらほめる

   「彼は私がこれまで出会った誰よりも丁寧に仕事をする人間なので、
   安心して任せられるんです」

   「彼女はピンチをチャンスに変える行動力があるので、
   どんな困難にあってもめげないんです」


   これは「ティーアップ」と呼ばれるもの。
   ゴルフボールをティーに乗せるように、
   相手を少し持ち上げて紹介するという方法です。

   持ち上げられたAさんがあなたに好感を持つのはもちろん、
   紹介を受けたBさんがAさんに丁重に接してくれる効果が期待できます。


(5)大勢の前でほめる

   朝礼や会議での報告の場などで、

   「◯◯さんからいただいた貴重な情報のおかげで商談がうまくいきました。
   自分も生きた情報をキャッチする力を磨きたいと思います」


   大勢の前でほめることには3つの効果があります。

  ①ほめられた本人が誇らしく思い、モチベーションが上がる。

  ②他の人が「自分もほめられたい」と思い、全体のモチベーションが上がる。

  ③周囲から見た、ほめられた人のイメージが良くなる。


   ただし、大勢の人の前でほめられると逆にプレッシャーを感じるタイプの人、
   注目を浴びることがストレスになるタイプの人には、
   1対1で伝えた方が効果的です。


(6)本人がいないところでほめる

   たとえばあまり関係の良くない、
   AさんとBさんの仲を取り持ちたいときに使える方法です。

   Aさんには「BさんがAさんの原稿読んで『うまい』ってほめていたよ」
   と伝えます。多少オーバーに脚色してもかまいません。

   同様に、Bさんにも
   「Aさんが『Bさんみたいにうまく話せたらな』って言ってたよ」と伝えます。

   するとAさんとBさんの関係が良好になるだけでなく、
   仲を取り持ったあなたに対しても好印象を持ってくれるでしょう。


(7)コンプレックスを強みに変えてほめる

   本人が自分の欠点だと思っていることを「使える」個性に変換してあげる。
   これは本人が自覚している長所をほめるよりもインパクトを与えることでしょう。

   (例)

   話しベタ → 聴き上手で相手から情報を引き出せる

   気が小さい → 慎重である。大きな失敗をしない

   人の顔色を伺う → 人の気持ちや場の空気が読める


(8)プラスのレッテルを貼る

   心理学用語で「レッテル効果」というものがあります。

   人に対して「望ましいレッテル」を貼ることで、
   その人に望ましい行動をさせることができる、という効果があります。


   誰かに指導やアドバイスをするときなど、
   「もっと笑顔で接客しなさい」ではなく、

   一瞬の笑顔をとらえてほめ、「いい笑顔だね!その調子でがんばって」
   というほうが効果的です。

       (https://next.rikunabi.com/journal/20160808/

            <感謝合掌 平成30年11月15日 頓首再拝>

万能必殺褒め言葉 - 伝統

2018/12/04 (Tue) 03:10:42

部下にも子どもにも使える。すべての人が伸びる万能必殺褒め言葉

         *Web:MAG2NEWS(2018.11.21)より

必殺褒めワードは「がんばったね」

(1)相手が嬉しくないことが多い活用形は「頑張れ」「頑張って」である。
   単なる努力不足の場合、言った方がいいこともあるのだが、
   精一杯やっている場合には、結構しんどい言葉である
   (ちなみに、鬱病の人への禁句ワードでもある)

   この言い方には「もっと」という叱咤と否定の思いが込められている。

(2)「がんばったね」は、相手の努力を認め、たたえる言葉である。
   褒めると認めるの両方の性質をもつ言葉である。

   「がんばったね」と褒めれば、その人自身の努力を認めていることになる。
   気力がある場合「次もがんばろう」と更に成長が望める。
   全力を尽くした場合「もっとがんばれ」と言っている訳ではないので、
   他者との競争によるエンドレスの苦しみから抜け出せる。

   結果がどうあれ、相手の現在そのもの、努力そのものを認められるのである。

(3)「えらいね」は
   他人のためになる何かを成し遂げた時に「偉い」は使われるべき言葉である。
   使い方要注意ワードである。

   (https://www.mag2.com/p/news/375642 )

            <感謝合掌 平成30年12月4日 頓首再拝>

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.