伝統板・第二

382682
「谷口雅春先生に帰りましょう」は、こちらです。「案内板」は、こっちです。

本掲示板の目的に従い、法令順守および社会倫理の厳守をお願いします。本掲示板の管理人は、聖典『生命の實相』および『甘露の法雨』などの聖経以外については、どの著作物について権利者が誰であるかを承知しておりません。「著作物に係る権利」または「その他の正当な権利」を侵害されたとする方は、自らの所属、役職、氏名、連絡方法を明記のうえ、自らが正当な権利者であることを証明するもの(確定判決書又は文化庁の著作権登録謄本等)のPDFファイルを添付のうえ、本掲示板への書き込みにより、管理人にお申し出ください。プロバイダ責任制限法に基づき、適正に対処します。

天皇陛下の譲位 ② - 夕刻版

2018/09/26 (Wed) 16:58:48

     *伝統板・第二「天皇陛下の譲位」からの継続です。
       → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=7667299




高御座が皇居に 代替わりに向け準備本格化

        *Web:日本経済新聞(2018/9/26)より


2019年10月22日の「即位礼正殿の儀」で
新天皇と新皇后が登壇する高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)の部品が
26日午前、保管先の京都御所から皇居にトラックで移送された。

宮内庁は18年度中に漆の塗り直しなど修繕を終え、
19年9月ごろから組み立て作業に入る計画だ。

19年4月末の天皇陛下の退位を控え、宮内庁は6~9月、
高御座と御帳台を約3千のパーツに解体し梱包する作業を進めてきた。

京都御所では25日午前から、約30人の作業員らが4トントラック8台に
段ボール箱など約250個の荷物を慎重に積み込んだ。


高御座と御帳台は1990年の前回の即位礼正殿の儀で使われた際には、
憲法の政教分離原則に反するとの批判が強く、過激派からの攻撃を懸念して
自衛隊ヘリで移送された経緯がある。

今回は「警備情勢が変化し、妨害を受ける可能性が低下した」(宮内庁幹部)ため、
陸路で搬送された。

  (https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35759500W8A920C1CC0000/?n_cid=NMAIL007

           <感謝合掌 平成30年9月26日 頓首再拝>

「皇位継承式典委員会」の設置 - 伝統

2018/10/12 (Fri) 18:58:07


          *読売新聞(2018/10/12)より

政府は12日午前の閣議で、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う
儀式の詳細を検討する「式典委員会」(委員長・安倍首相)の設置を決定した。

委員会は続いて初会合を開き、
秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となったことを広く国民に示す
「立皇嗣(りっこうし)の礼」を2020年4月19日に行うことを決めた。

首相は、皇太子さまが即位する19年5月1日と、
新天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が行われる来年10月22日を
祝日とする考えを示した。

祝日はいずれも来年限りとする。
祝日法に基づき、祝日に挟まれる5月1日前後の4月30日と5月2日も休日となるため、
来年は4月27日から5月6日まで10連休となる見通し。

秋の臨時国会に関連法案を提出する。

   (https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00050045-yom-pol

           <感謝合掌 平成30年10月12日 頓首再拝>

「即位礼正殿の儀」まで1年 - 伝統

2018/10/21 (Sun) 18:28:58

「即位礼正殿の儀」まで1年=皇位継承時の中心儀式-天皇退位

         *時事ドットコムニュース(2018/10/20)より

皇太子さまが来年5月に新天皇となられた後、
皇位が継承されたことを国内外に公に示す「即位礼正殿の儀」が、
1年後の同年10月22日、皇居・宮殿「松の間」で行われる。

今月12日に内閣に設置された式典委員会が天皇陛下の退位に伴う儀式も含めて統括し、
宮内庁に設けられた大礼委員会が円滑な実施に向け審議を重ねる。

即位礼正殿の儀は「即位の礼」の中心儀式で、
明治天皇、大正天皇、昭和天皇のいずれの場合も京都御所の紫宸殿で行われた。

大正天皇以降は、旧皇室典範(1889年制定)に「
即位の礼および大嘗祭は京都においてこれを行う」と規定されていたためで、
場所の指定がなくなった今の皇室典範の下で初めて実施された現在の天皇陛下の時
(1990年11月)に、宮殿の正殿の中で最も格式が高い「松の間」に移された。

一方、正殿の儀で天皇陛下が即位したことを宣言する時に使う「高御座」は、
一貫して紫宸殿に保管されている。

今年9月25日夜から26日朝にかけ、新皇后が使う「御帳台」と共に解体されて
4トントラック計8台で紫宸殿から皇居内に運び込まれた。

来年10月の正殿の儀が終わると、過激派によるテロを警戒して
自衛隊のヘリコプターで移送した90年時と同様、紫宸殿に戻される。

正殿の儀は今後も皇居で行われる可能性が高く、
「(再移送は経費的にも)無駄ではないか」との声も聞かれる。

ただ、宮内庁幹部は「歴史を鑑みても、京都御所に存置しておくことが妥当」
「高御座は紫宸殿にあるものと決まっている」と述べるなど、
変更する予定はないとしている。

   (https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102000382&g=ryl

           <感謝合掌 平成30年10月21日 頓首再拝>

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.