伝統板・第二

273983
「谷口雅春先生に帰りましょう」は、こちらです。「案内板」は、こっちです。

本掲示板の目的に従い、法令順守および社会倫理の厳守をお願いします。本掲示板の管理人は、聖典『生命の實相』および『甘露の法雨』などの聖経以外については、どの著作物について権利者が誰であるかを承知しておりません。「著作物に係る権利」または「その他の正当な権利」を侵害されたとする方は、自らの所属、役職、氏名、連絡方法を明記のうえ、自らが正当な権利者であることを証明するもの(確定判決書又は文化庁の著作権登録謄本等)のPDFファイルを添付のうえ、本掲示板への書き込みにより、管理人にお申し出ください。プロバイダ責任制限法に基づき、適正に対処します。

実相を観ずる~「神想観」③ - 伝統

2017/12/13 (Wed) 05:00:43


     *伝統板・第二「実相を観ずる~「神想観」②」からの継続です。
        → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6879320


《三種の神想観》

         *「光明道中記」(12月13日神の叡智につながる日)より

【自分は宇宙の中心であるからどちらを向くのも吉方である。
                       (『生命の實相』第十一巻)】 

魂の進歩は、日に日に与えられた其の儘を
素直に全心(まこと)をもって行じて行くところにある。
神想観はその行ずる方向を神の智慧によって導かれ、行ずる意志力を招び出だし、
その行じ得させて頂くその事実に感謝するところの行事である。

ただ遮二無二行ずればとて、反対の方向へ向かって行じているのでは却って
逆効果を呈することになる。

そこで神想観によってその行ずる方向を神の叡智によって導いて頂くのが、
「神の叡智流れ入りて、常住坐臥吾を導き給う」と観ずる神想観である。

実行の意志力を強めるところの神想観は、
「神の力われに流れ入りて吾に実行の勇気を与え給う」と観ずる神想観である。

「全てなくてならぬものを与えたまいて有り難うございます」
と繰り返し念ずるのが感謝の神想観である。

吾等は日常この三種の神想観を怠ってはならないのである。
叡智なき行は崩れる。行なき叡智は崩れる。
行あり叡智ありとも感謝なき功徳は崩れる。

叡智と行と感謝と、そしてもう一つ感謝を実行に表現すること、
それは愛を隣人に対(むか)って行う報恩行である。

みんな報恩のつもりで、やらせて頂く者には何の力みもない。
唯(ただ)有り難いばかりである。

・・・

<関連Web>

(1)光明掲示板・第二「実相を観ずる~「神想観」 (10714)」
     → http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou2&mode=res&log=2061 

(2)光明掲示板・第三「実相を観ずる~「神想観」 (88)」
     → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou3&mode=res&log=44

(3)光明掲示板・伝統・第一「実相を観ずる~「神想観」 (35)」
     → http://bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=wonderful&mode=res&log=21

(4)伝統板・第二「実相を観ずる~「神想観」①」
     → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6461369

           <感謝合掌 平成29年12月13日 頓首再拝>

新天新地を心の中に呼び覚ます神想観 - 伝統

2017/12/24 (Sun) 03:35:19


        *「生命の實相」幸福篇下巻(12月24日)より

就寝前に人々すべてを赦し、すべてのものに感謝し、
すべての過去を謝(さ)った後(のち)に、
新生活に目覚めたる今朝(けさ)のすがすがしさよ。

それこそ新しき天地の始まりである。

「旧(ふる)き天と地とは過ぎ去り、自分に過去は無いのである。
今が新生である。新しき神の生命(いのち)が天降ったのである」

こう唱えつつ吸う息とともに
自分に流れ入る神の生命(いのち)を思い浮かべつつ

「私は罪なき神の子である。すでに浄(きよ)まれる者である。
神の健康たる生命(いのち)、神の喜びに満ちた生命(いのち)がわたしである。
わたしは喜びそのものである。わたしは幸福そのものである。私は健康そのものである」

と繰り返し念ずるのである。

これは新天新地を心の中に呼び覚ます神想観である。

朝目が覚めたとき寝床の中で仰臥のまま念じようと思っても心が統一し難いものである。
覚めかかると同時に寝床の上に正坐合掌して、直ちに神想観に取りかかり
前述のように念ずるがよいのである。

寒い時には、褞袍(どてら)でも用意しておいて、
ずぐそれを寝巻きの上に羽織って神想観を行なうがよい。

            <感謝合掌 平成29年12月24日 頓首再拝>

《毎日神想観を行ずべし》 - 伝統

2018/01/09 (Tue) 03:19:55


     *『生活の智慧365章』(第4部繁栄の泉)第12篇(P320) より

現在意識は五官によって、色々の現象を見、その現象の中にあらわれている
「不良なるもの」「不完全なるもの」「不健全なるもの」を”アル”として捉え、
それを除去しようとして肉体に行動を起こさしめるのであるけれども、

その「不良なるもの」「不完全なるもの」「不健全なるもの」を
”アル”として捉えるものだから、それを”アル”として心に執拗に描いて、

その「不完全さ」を「心の原図」として、潜在意識に印象し、
潜在意識なる建築技師をして、その不完全な原図に基づいて、
肉体を新陳代謝するときに、構築させてしまうのである。

だから、私達は、一日中の或る時間を割いて、せめて30分間位は、
「心の原図」を完全な健全なものにするために、精神を統一して、
完全なる神を想い、完全なる”神の子”なる自己を想い、
あらゆる方向に”調和した自己”を想念するようにつとめなければならない。

これが神想観である。

            <感謝合掌 平成30年1月9日 頓首再拝>

《神と自己との接触点の発見》 - 伝統

2018/01/27 (Sat) 04:19:29


    *『生活の智慧365章』(第4部繁栄の泉)第12篇(P328~329) より

吾々は一層多く「神の生命の動き」に協力することによって、
一層健康となり、一層繁栄を得、
吾々の生活に常に一層善きものを具体化することになるのである。

「神の生命の動き」はひとたび吾々が大自然の神秘に眼をやるとき
到る処に発見することが出来るのであるけれども、
その宇宙普遍の大生命と自分との接触点を見出さなければ、
「神の生命の動き」に完全に協力することはできないのである。

その「接触点の発見」とは、
自己の内に、宇宙普遍の大生命と同じき生命が宿っていて、
その一点に於て”大生命”即”わが生命”であることを
発見しなければならないのである。

その一点の発見によって”個我”が”大生命”につながり、
”今”が”久遠”につながり、自己が神につながり、有限が無限につながり、
瞬々の生活が無限の価値につながることになるのである。

その「今即久遠」の一点において、
自己が神に融合するのが神想観であるのである。

諸君は一日といえども神想観を怠ってはならないのである。

            <感謝合掌 平成30年1月27日 頓首再拝>

《神想観を繰り返して 「 自覚 」》 - 伝統

2018/02/15 (Thu) 03:37:07


         *『 生長の家 』(昭和40年3月11日の法語)より

   神想観を実修する度毎に、その観の深浅の程度に従って、
   私たちは 次第に 人間は 「 物質的肉体 」 そのものでないことを
   知りはじめるのである。

   そして 次第に時間、空間の制約を超える存在であることを知り、
   自己の生命は暦(こよみ)の年齢によって老衰せず、
   如何なる外部的状態によっても破壊されざる金剛不壊の存在であることを
   知るのである。

   涅槃経に釈尊が説いていられるように 「 月に没性(もつしょう)なく、
   月に盈欠(えいけつ)なきが如く、人間は没性なく盈欠なき存在である 」
   ことを知るに至るのである。


    → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=yu0529&mode=res&log=121

            <感謝合掌 平成30年2月15日 頓首再拝>

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.