伝統板・第二 216077

「谷口雅春先生に帰りましょう」は、こちらです。「案内板」は、こっちです。

本掲示板の目的に従い、法令順守および社会倫理の厳守をお願いします。本掲示板の管理人は、聖典『生命の實相』および『甘露の法雨』などの聖経以外については、どの著作物について権利者が誰であるかを承知しておりません。「著作物に係る権利」または「その他の正当な権利」を侵害されたとする方は、自らの所属、役職、氏名、連絡方法を明記のうえ、自らが正当な権利者であることを証明するもの(確定判決書又は文化庁の著作権登録謄本等)のPDFファイルを添付のうえ、本掲示板への書き込みにより、管理人にお申し出ください。プロバイダ責任制限法に基づき、適正に対処します。


よき運を招くには(3)

1:伝統 :

2017/07/28 (Fri) 03:20:27

       *伝統板・第二「よき運を招くには(2)」からの継続です。
         → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6777529

《好運は過去の善業の蓄積である》

        *『 生長の家 』(昭和24年8月10日の法語)より

   如何なる大いなる仕事も一日で出来上がるものでないのである。

   今日一日でできたように見えても
   それは過去の蓄積の上に今日築かれたにすぎない。


   吾々が今ある所の運命は過去のすべての業因の蓄積である。
   だから毎日 想い 云い 行う 小事が その人の運命を作るのである。


   http://blogs.yahoo.co.jp/meikyou123/12780304.html


<関連Web>

(1)光明掲示板第二「よき運を招く (9891)」
    → http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou2&mode=res&log=1912 

(2)光明掲示板・第三「よき運を招くⅡ (48)」
    → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou3&mode=res&log=27

(3)光明掲示板・伝統・第一「祥運(めでたい運) (47)」
    → http://bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=wonderful&mode=res&log=29

(4)伝統板・第二「よき運を招くには(1)」
    → http://dentou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6458154

           <感謝合掌 平成29年7月28日 頓首再拝>
2:伝統 :

2017/08/12 (Sat) 04:00:10


        *メルマガ「人の心に灯をともす(2017年07月07日)」より

   (山崎拓巳氏の心に響く言葉より…)

   すごくいい情報を教えてもらったとき。
   あなたなら、どうしますか?

   「わぁ、こんないい情報、絶対ほかの人に教えたくない」
   「わぁ、こんないい情報、早くほかの人にも教えてあげないと」

   「独り占めしたい!」も「みんなでシェアしたい!」も、
   どちらの感情も持っているのが私たち人間というものです。

   しかし、そこでいったん、


   (1)この情報は未来のどんな可能性を秘めているのか?

   (2)この情報は誰に有益か? 誰に教えてあげると喜ぶか?


   と考えると、「誰に」「どのように」
   これらの情報を伝えるといのかが明らかになります。

   素敵な情報は、シェアするたびに幸せを増幅してくれます。

   「素敵」をみんなで分けると増大するのです。


   人脈も同じことがいえます。

   独り占めすると廃れてしまいます。

   あなたにとってうまく使いこなせない人脈は、
   ある意味、宝の持ち腐れになるのです。


   しかし、ある人にとっては知り合いたくてたまらない人だったりします。

   それらのご縁をつないでいく、
   情報や人間関係の「ハブ空港」に自分がなれたとしたら…。


   「あなたからやってくる情報は、私にとっていつもワクワクを感じるものです」
   というポジションを手に入れてください。

   目の前の情報も、「自分にとってのメリット」をモノサシとして見るのではなく、
   「誰かにとってのメリット」をモノサシにすれば、
   無駄な情報がほとんどなくなります。


   次に情報を発信する立場として物事を見てみましょう。

   あなたが発する有益な情報。

   人のためになり、そしてシンプルかつ素敵な情報は
   「〇〇さんって素敵だ」という言葉です。


   うわさ話や人の不幸話は蜜よりも甘いといいます。

   だけど、絶対にその魅惑におかされてないでください。

   うわさ話を好む人は自分のうわさ話にきっと潰されます。


   それよりも、誰かの長所を讃(たた)える話を流布しましょう。

   巡り巡ってその誰かの耳に伝わるかもしれません。


   「〇〇さんって素敵ね」

   「〇〇さんのひと言に救われた」

   「今、一番輝いているのは〇〇さんだね」

   「本当は、〇〇さんが一番あなたのことを心配してくれているのかも」


   第三者からそうした情報を伝えられたほうが、
   直接伝えられたときより影響が大きいのです。

   運のいい人はこの法則を上手に使っています。

           <『運の強化書』SBクリエイティブ>

             ・・・

斎藤一人さんはこう語る。

「知っていることを周りの人に教えなさい。

それがこれからの時代、成功を呼び寄せます。

教えないとどうなるか。

自分の知っていることを 自分だけの秘密にして
抱え込んでいるような けち臭いことをしていると
豊かになるどころか、 必ず失敗します」


ケチくさい人は、出し惜しみする。

自分の利を先に考えるのが習慣となっているからだ。

だから、ケチくさい人からは、人が離れていく。


ケチくさいことをしている人は、ケチくさいことを引き寄せる。

運のいい人は、「気前がいい」し「おおらか」だ。

独り占めせず、まわりを喜ばせることをする。


運のいい人を目指したい。

           <感謝合掌 平成29年8月12日 頓首再拝>
3:伝統 :

2017/08/13 (Sun) 04:52:44


     *『生命の實相 幸福篇下 第三十八巻』<8月13日>(P50)より

一つの結婚に破れて、「惜しいことをした。あそこまで進んでいたのに。
あの人が要らぬ口添えをしたからだ」などと後悔する者は愚かなる者である。

成らない結婚は、それは成らないことによってそれは良かったのである。
だれかの少しの口添えくらいで破壊するような結婚は砂の上に建てられた家のようなもので、
結婚してからも少しの風波に揺られると破壊したかもしれないのである。

結婚してから、夫婦関係を破壊するのは遅すぎる。
破壊するなら婚前のちょっとした問題で破壊したが良かったのである。

物の成ると成らざるとは、「誰かがどう言った」などのことに原因があるのではない。
不思議なその人おのおのの「心」の中にある運命が招(よ)び寄せる力が、
ある運命を反発し、ある運命を磁石のように吸い寄せるのである。

      <感謝合掌 平成29年8月13日 頓首再拝>
4:伝統 :

2017/08/28 (Mon) 04:45:56


       *『生活の智慧365章』(第3部繁栄の泉)第7篇(P194) より

毎日わたしたちは。自分の運命を自分で造りつつあるのである。
自分の生活にプラスをつけ加えるか、将(はた)またマイナスをつけ加えるか
と云うことによって自分自身の未来の運命を自己決定しつつあるのである。

人のためのなることを行えば、自分の運命にプラスを加えたのである。
人のためにならぬことを行えば、自分の運命にマイナスを加えたのである。

このような行動によるプラス・マイナスのほかに、
自分の心の明るさ暗さによって運命を左右するプラス・マイナスがあるのである。

常に「明るい心」をもっておれば、「類をもって集る」と云う心の法則にしたがって、
「明るい運命」が自分に集まって来るし、
常に「暗い心」を持ちつづけておれば、「暗い運命」が自分に集まって来るのである。

常に私たちは「過去の成績」(業)の中から立上りつつあるのである。

          <感謝合掌 平成29年8月28日 頓首再拝>
5:伝統 :

2017/09/05 (Tue) 04:39:02


      *メルマガ「人の心に灯をともす(2017年09月03日)」より

   (萩本欽一氏の心に響く言葉より…)

   テレビの世界で大活躍する人って、
   ぜったいなにか優れたところを持っています。

   人によって優れたところはそれぞれ。

   大きく分けると「才能」と「運」と「努力」なんだけど、
   この3つのうちの、テレビで成功するために一番必要なのはどれだと思う?


   あるとき、周りにいる人たちに片っぱしから聞いてみた。

   そうしたら、答えはだいたい30%ずつに分かれました。

   いちばん多かったのは「努力」。これが36%ぐらい。
   「才能」が34%、「運」が30%ぐらいの内訳。


   だけど、僕の考えはちょっと違うんです。

   運も努力も才能も、もちろんあったほうがいいに決まってる。
   でも、絶対に必要なものではありません。


   じゃあ、テレビで活躍するために大事なものはなにか。

   それは「いい性格」なんです。

   だから僕はいつもこう言ってるの。

   「芸を磨くより、人間を磨け」


   なぜこう考えるかというと、実はテレビ番組のディレクターたちに
   こう聞いてみたことがあるんです。

   「あなたの番組に出演するタレントを選ぶとき、決め手はなんですか?」

   そうしたら、いちばん多い答えが「性格」だったの。

   「うまい人を選ぶ」と言う人が多そうなものなのに、
   そう答えたディレクターは一人もいなかった。


   テレビの場合、短時間で撮らなくちゃいけないので、
   芸で勝負するような人はあまり必要じゃない。

   番組自体、芸を見せるわけじゃなくて、あくまで「企画」ものだから、
   出演者に「合う」とか「合わない」とか文句を言われて
   撮影を止められるのが、いちばん困る。

   それで性格のいい人が好まれるんですね。

   僕の周りには性格のいい人がたくさんいて、
   そういう人はたくさん人に運を運んでいるから、
   僕にもずいぶん分けてくれたんじゃないかな。

         <『続 ダメなときほど運はたまる』廣済堂新書>

             ・・・

性格の悪い人の特徴は…

■自己中心的で、他人のことを考えない
■人のせいにする
■悪口や人のあら探しばかりする

■自慢話が多い
■お金に汚い
■人を馬鹿にするような態度をとる

■言葉遣いが悪い
■威張ったり人を見下したりする
■すぐ嘘をつく

■いつも不機嫌


性格のいい人は、上記の「人の悪い人」の反対の人。

だから、誰からも好かれるし、周りに人が集まり、まわりからの引きがある。

引きがある人には運がある。


どんなに優れた選手であろうと、監督から引かれなかったら試合には起用されない。

性格のいい人は運を呼ぶ

          <感謝合掌 平成29年9月5日 頓首再拝>
6:伝統 :

2017/09/09 (Sat) 04:39:25

          *メルマガ「人の心に灯をともす(2017年07月08日)」より

   (藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…)

   人生に運とツキというものは確かにある。
   しかし、運もツキも棚ぼた式に落ちてくるものではない。

   『安岡正篤一日一言』に「傳家寶(でんかほう)」と題する一文がある。

   ここに説かれている訓(おし)えは全篇これ、
   運とツキを招き寄せる心得といえるが、その最後を安岡師は、
   「永久の計は一念(いちねん)の微(び)にあり」と記している。


   人生はかすかな一念の積み重ねによって決まる、というのである。

   新潮社を創業した佐藤義亮(ぎりょう)氏に、
   浅草で商いを手広く営む知人があった。

   ある晩、その人の店が全焼した。


   翌日、佐藤氏が見舞いに駆けつけると、なんと、
   知人は酒盛りをして騒いでいるではないか。

   気が触れたか、とあきれる佐藤氏に、知人は朗(ほが)らかに言った。


   「自棄(やけ)になってこんな真似をしているのではないから、
   心配しないでください。

   私は毎日毎日の出来事はみな試験だ、天の試験だと覚悟しているので、
   何があっても不平不満は起こさないことに決めています。

   今度はご覧のような丸焼けで、
   一つ間違えれば乞食(こじき)になるところです。

   しかし、これが試験だと思うと、元気が体中から湧いてきます。

   この大きな試験にパスする決心で前祝をやっているのです。

   あなたもぜひ一緒に飲んでください」


   その凄(すさ)まじい面貌(めんぼう)は男を惚(ほ)れさせずにはいない、
   と佐藤氏は言っている。

   知人は間もなく、以前に勝る勢いで店を盛り返したという。


   明末大儒、呂新吾は言う。

   「精神爽奮(そうふん)なれば則(すなわ)ち
   百廃倶(ひゃっぱいとも)に興(おこ)る

   肢体怠弛(したいたいし)すれば則ち
   百興(ひゃっこう)倶に廃(すた)る」

   精神が健やかに奮い立てば、もろもろの廃れたことが一斉(いっせい)に興る。

   手足身体が怠(なま)け弛(ゆる)むと、もろもろの盛んなことも一斉に廃れる。


   運とツキを招き寄せる法則は古今に不変である。


   最後に、大和ハウス工業の樋口武男会長から伺った話を付記する。

   「人の道を守らない人間、親を大事にしない人間、
   恩ある人に砂をかける人間に、運はついてこない」

   人生の真理はシンプルである。

          <『小さな人生論 5』致知出版社>

             ・・・

仏教には輪廻(りんね)の思想がある。

人は何度も生まれ変わる、というものだ。

そして、生まれてくるときには、
自分に対し、いくつもの試験問題を作ってくるという。

自分が向上するための試験問題だ。


「自分が越えられない問題は起きない」という言葉があるが、
自分自身が自分のレベルアップのための問題を作っているのだから、
当然といえば当然だ。

だから、運がいい人は、そのことを分かっているから、愚痴や文句をいわない。


「すべては、必要、必然、最善」(船井幸雄)

今自分に起きている問題は、
すべて、自分にとって必要であり、必然であり、最善なのだ。

そして、それは自分の成長のために必要な「何か意味のあること」。


「運とツキを招き寄せる法則は古今に不変」

にっこり笑って、人生の試験を乗り越えたい。

・・・

<参考:家訓「伝家宝」(安岡正篤)>

(1)我が幸福は祖先の遺恵、子孫の禍福は我が平生(へいぜい)の所行にあること、
   すでに現代の諸学にも明らかなり。

(2)平生・己れを省み、過ちを改め、時理を正し、恩義を厚くすべし。
   百薬も一心の安きに如かず。

(3)良からぬ習慣になれるべからず。
   人生は習慣の織物と心得べし。

(4)成功は常に苦心の日に在り。
   敗事は多く得意の時に因ることを覚るべし。

(5)事の前に在りて怠惰、事に当たっては粗忽(そこつ)、
   事の後に於ては安逸、これ百事成らざる所以なり。
   天才も要するに勤勉のみ。

(6)用意周到なれば機に臨んで惑うことなし。
   信心積善すれば変に遭うて恐るることなし。

(7)不振の精神・退廃せる生活の上には、何ものをも建設するに能わず。
   永久の計は一念の微にあり。
 
      (以上、安岡正篤語録「一日一言」

     (http://utorongo.otemo-yan.net/e319075.html より複写)

          <感謝合掌 平成29年9月9日 頓首再拝>
7:伝統 :

2017/09/26 (Tue) 03:14:45


       *メルマガ「人の心に灯をともす(2017年08月25日)」より

   (観相学、藤木相元氏の心に響く言葉より…

   よく「男の顔は履歴書」とか、
   「男の顔は四十を過ぎたら自分の責任」などといわれます。

   これは男に限らず、人はある程度の年齢になると、
   持って生まれたその人の運と、それまでに得てきた運とが
   加味されて顔が整っていくということをあらわした言葉ともいえます。

   顔には、その人の運がすべてあらわれ、
   そのときどきのツキの有無までわかります。


   こういった観相学を修めた人ではなくとも、
   毎朝、自分の顔を鏡でチェックするという習慣をつければ、
   どんな人でも運を見る目が養われます。

   肌の色つやがいいねえ、などとよく口にしますが、
   この色つやが顔を見るときの一番のチェックポイントになります。

   いい状態、つまり運が向いているときは、まず顔のつやとなってあらわれます。


   つやはその人の勢いをあらわすものですから、
   額がテカテカしていれば、ひじょうにいい運が向いてくる状態になっている
   と思っていいのです。

   これは、単に脂肪が浮いただけでは
   テカテカといった光は帯びないのですぐにわかるはずです。

   ためしに、いま勢いのある政治家や財界人の顔をよく見てみればわかります。

   まず例外なく、顔に光を帯びています。


   このつやは人の心に正直で、
   気持ちが「明」ならば、ホクロまでつやつやしてきますし、
   「暗」になっていれば消えてしまうのです。


   「水もしたたるいい女」「夕立のような女」と、
   昔の人はつやのある女のことを表現しましたが、
   これは、人間の体の3分の2を占める水分をエネルギーとして
   燃やして発散するほど、恋でも仕事でも心の動きが活発である人ということです。

   生きのいい人のことを「みずみずしい」というように、
   まさしく水がつやとなってあらわれているわけです。

   したがって、心にハリのない人はつやもなく、しぼんで見えるということです。


   ですから、自分の顔につやがないと感じたら、
   朝、太陽を呑み込み、鏡のまえで笑うということを毎朝続け、
   明の体質づくりを心がけることがだいじです。

   自分の顔をつやのないまま放っておくのは、
   みすみす運を逃がすようなものです。

        <『運の作り方開き方』PHP文庫>

               ・・・

「運勢の強い人は、 みんなピカピカつやつやの顔を しているものです」
(変な人が書いた成功の法則)より

斎藤一人さんは、運をよくしたいなら、顔につやをつけなさい、という。

顔につやがあると、
「最近元気そうだね」とか「何かいいことあったの」とか言われる。

パワーがみなぎっているのを感じるからだ。


反対に顔に生気がない人は、
具合悪そうに見えたり、元気も、やる気もなさそうに見える。

死んだような顔とか、魂を抜かれたような、うつろな表情、だ。
なんの勢いもパワーも感じない。


勢いのある人は、エネルギッシュで、活力に満ちている。

それが顔につやのある人。

顔につやがあれば運が向く。

          <感謝合掌 平成29年9月26日 頓首再拝>
8:伝統 :

2017/10/10 (Tue) 05:05:17


         *『白鳩』(昭和49年1月14日の箴言)より

   『信仰の科学』の61頁には
   『憂鬱と悲観に曇った気持は感染するのである。
   暗い表情は全て暗い影を投げかけるのである』 
   と示されているのである。

   あなた達は常に、明るい微笑を頬に湛え、希望と愛とに輝く
   瞳をもって人々に対するようにしなければならない。

   生長の家の練成会は〃心の訓練〃によって健康を増進し、
   運命を好転し、事業を繁栄に導き、家庭に調和を実現するための
   〃練成〃を目的とするのであるけれども、
   「笑いの練習」という表情を明るくする練習があるのである。

   〃明るい表情〃 〃ニコヤカなる微笑〃 〃憂鬱を吹きとばす哄笑〃 
   というものは、肉体の表情の訓練であるけれども、
   「類は類を引き寄せる」という法則によって、
   その人に明るい運命を引き寄せることになるのである。

   冷たく固い表情をもちつづけて一生涯一度も笑ったことのないような人は、
   表現すべき感情が、鬱結内攻してしまっていて、その結果、その感情の
   鬱結の‘かたまり’を生ずる腫瘍又はそれに類似の病気
   を引き起こすこともあるのである。


   → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou&mode=res&log=809

          <感謝合掌 平成29年10月10日 頓首再拝>

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.