伝統板・第二 216077

「谷口雅春先生に帰りましょう」は、こちらです。「案内板」は、こっちです。

本掲示板の目的に従い、法令順守および社会倫理の厳守をお願いします。本掲示板の管理人は、聖典『生命の實相』および『甘露の法雨』などの聖経以外については、どの著作物について権利者が誰であるかを承知しておりません。「著作物に係る権利」または「その他の正当な権利」を侵害されたとする方は、自らの所属、役職、氏名、連絡方法を明記のうえ、自らが正当な権利者であることを証明するもの(確定判決書又は文化庁の著作権登録謄本等)のPDFファイルを添付のうえ、本掲示板への書き込みにより、管理人にお申し出ください。プロバイダ責任制限法に基づき、適正に対処します。


神の生命

1:伝統 :

2017/01/21 (Sat) 04:04:45


《神常に吾を生かし吾を導き給う》

          *「光明法語」(1月21日)より

神のすべてを生かし給う生命、
吾が内に吾が心の内に、吾が魂の内に、
すべての事件の内にあらわれて生かし給う。

この神の大いなるいのち、常に新しきいのち今もわが中に流れ入りて
常にわが組織を新たならしめ給い、健全ならして給うているのである。

今この瞬間このわが頭の先からわが爪先に到るまで
輝く神のいのちに満たされているのである。

もはやわが肉体は神の肉体である。
わが肺臓は神の肺臓である。
わが胃袋は神の胃袋である。

吾が全ての内臓は神の全ての内臓である。

完全に健康であるほかあり得ないのである。

            <感謝合掌 平成29年1月21日 頓首再拝>
2:伝統 :

2017/02/05 (Sun) 04:15:37


           *「静思集」(P38~40)より

「神は生命(いのち)であり給う。
一切の処に神の生命(いのち)は満ちていたまう。

この家は神の生命(いのち)に完全に祝福されいるのである。
この家のあらゆるものは悉く神の生命(いのち)に充ち満たされて
生き生きと輝いているのである。

我がうちにも、我が妻のうちにも、我が子のうちにも、召使たちのうちにも、
本部の凡ての人のうちにも、教団関係のすべての団体のうちにも、
各地の誌友会また誌友たちのうちにも、
神の生命(いのち)は充ち満ちて生かしてい給うのである。

吾々生長の家の家族たちすべてのうちに神の生命(いのち)は満ちてい給う。

どこにも病気はない。
神は決して病気を創造(つく)り給わないから病気はないのである。
すべての生長の家家族は神の光明燦然たる生命(いのち)に満たされて健康である。

われ今、わが全身を観ずるに我が全身神の生命(いのち)に満たされている。
わが全身は神の生命(いのち)に満たされて光明燦然と輝いて現れている。

全身の総(すべ)ての細胞は互いに相拝み合っているのである。
全身のすべての細胞は互いに生かし合っているのである。

すべての内臓、すべての器官悉く相拝み合い、相生かし合い、互いにその処を得て
争うことはないのである。だから私は常に健康であり、凡ゆる点に於いて
調和しているのである。」

 ―― これは或る日の私の「神の生命(いのち)」に就いての黙然の言葉であります。
この通りに念じて神想観をして御覧なさい。

あなたの周囲に光明世界が実現し、あなたの肉体が健康が実現するでありましょう。

            <感謝合掌 平成29年2月5日 頓首再拝>
3:伝統 :

2017/02/20 (Mon) 04:47:00


         *『生長の家』(昭和25年8月10日の法語)より

   今日、自分は自分の生命が神の生命流れ入って
   吾が生命と成っている事実を直視するのである。

   われはわが生命が神の生命であって完全に調和しており、
   何処にも不完全なきことを見るのである。

   自分の肉体の現状がどうあろうとも、
   私はそんな事に自分の心をまどわさないのである。

   何故なら 「 肉体 」 は自分自身ではなく、自分の産物であり、
   自分の過去の心がそれをつくったのであるからである。

   これから先の肉体は、
   これから毎日自分が何を思うかによって定まるのである。

   今後私は常に善念を抱き、人を憎まず、
   病いを思わないから必ず健康になるのである。


   http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=yuyu6&mode=res&log=16

            <感謝合掌 平成29年2月20日 頓首再拝>
4:伝統 :

2017/03/04 (Sat) 04:07:28


          *『生長の家』(昭和23年9月1日の法語)より

   人間の本体は 生命である。
   生命は 生きているから動く。

   それは生きているから偶然出鱈目に動くのではなく、
   律をもって動くのである。
   律は秩序であり、秩序は智慧の働きである。

   生命は 智慧によって働き、
   智慧は 秩序をもって展開して 生命体になるのだと
   云うことが出来る。


   だから 知慧ある生活は 生命体を健康ならしめるのであるが、
   智慧のない生活は 生命体を不健康ならしめるのは当然である。

   智慧のない生活は 生命体の秩序を破壊するのである。


   http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=yu0529&mode=res&log=86

            <感謝合掌 平成29年3月4日 頓首再拝>
5:伝統 :

2017/03/22 (Wed) 05:01:19


           *『 生長の家 』(昭和46年3月21日の法語)より

   神との一体感が深まれば、神は完全なる生命であるから、
   神の完全なる生命の流入によって
   生かされている人間が病気するということはなくなるのである。

   そして病気があらわれれば、
   神の完全なる生命が流入する通路となる「 心のレンズ 」に
   何らかの迷いの曇りがあるに相異ないことを知り、

   心を反省してその“迷いの心の曇り”を取り除くようにすれば
   病気は間もなく雲散霧消することになるのである。

   “生長の家”が病気を治すのではないと説きながら、
   多くの病気の治癒現象があらわれるのは、

   真理を知れば、“迷いの心”によって
   自縄自縛せられていた自己の“神の子”なる生命が
   解放されて自由自在を得られることになるからなのである。


    → http://blogs.yahoo.co.jp/meikyou123/12697468.html

            <感謝合掌 平成29年3月22日 頓首再拝>
6:伝統 :

2017/04/10 (Mon) 03:52:07


          *「理想世界」(昭和47年10月5日の法語)より

   やがて、あなたに時間・空間を超越した
   実相の自分を自覚し得た一瞬が来る。
   それまでは、普通の人は

   「時間と空間の障壁は 真実で克服しがたく思われるほど、
   感覚の力は 心を圧倒してしまっている」

   とエマソンは言っている。

   私たちの肉体は、時間・空間の枠の中で生活している。
   そしてこの肉体を五官の感覚 で見て実在であるかの如く感ずる。

   そして又、 肉体をとり巻いている外界の一切のものを、
   固定した存在の如く考える。しかしエマソンは言う。

   「私どもが今固定していると考えることも、
   あたかも熟れた果実のように、ポタリ、ポタリと 、
   私どもの経験から離脱して落ちて行くのだ

   ・・・・・風景、人物、ボストン、ロンドンも
   昔の制度や一抹の霧や煙と同様に一時的なものだ 。
   社会もそうだ、世界もそうだ。

   Soul(魂)は じっと前を見つめ、前途に一つの世界を創造し 、
   背後にいくつも世界を捨てていく。

   Soul(魂 )には日付けもなく、儀式もなく、からだもなく、
   専門もなく、人間もないのだ。

   Soul(魂) はSoul(魂)のみを知る。
   森羅万象はSoul(魂 )が包まれている外装に過ぎないのだ。」

   The things we now esteem fixed shall, one by one,
   detach themselves like ripe fruit from our experience, and fall.
   The wi nd shall blow them none knows whither.
   The landscape, the figures, Boston, Lo ndon,
   are facts as fugitive as any institution past,
   or any whiff of mist or sm oke, and so is society,
   and so is the world.

   The soul looketh steadily forward s, creating a world before her,
   leaving worlds behind her.
   She has no dates, nor rites, nor persons, nor specialties nor men.
   The soul knows only the s oul;
   the web of events is the flowing robe in which she is clothed.


   森羅万象は、(それは自分の肉体も引っくるめて)
   Soul(魂)が創造した外皮なのである。

   それは蚕の生命が創造した繭のようなものであり、
   蛇が生長して行く毎に脱皮する“皮”(蛇 の抜け殻)みたいなものである。

   脱け殻は蛇の 一時的外装であって、それは嘗て蛇によって創造せられ、
   用終わりて棄て去られ消え行くべきものなのである。

   生命は嘗て創造して、用を果したところのものを棄てて行くが、
   ”生命”は死ぬのではなく、常に前向きに前進するのである。

   その”生命”がただの生きる力でなく、叡智を備えた
   普遍的なものであるとみとめたとき 、それをSoul(魂)
   とエマソンは呼んでいるの である。


   http://jbbs.shitaraba.net/bbs/lite/read.cgi/study/11346/1322022766/2731

            <感謝合掌 平成29年4月10日 頓首再拝>
7:伝統 :

2017/04/19 (Wed) 03:37:31


          *『生命の實相』第37巻幸福篇上(4月19日)」より

鶯(うぐいす)が啼いている。実に澄んだ声で啼いている。玲瓏たる声だ。
どこにも汚(けが)れの感じられない声だ。
それは雌雄呼び交わす声であるのになんの卑猥(ひわい)も感じない。
天地そのものの讃歌のように聞こえるのはなぜであろう。

それは鶯には我(が)が無いからだ。
天地の生命(せいめい)と一枚になっているからだ。


梅の花が馨(かお)っている。清浄(せいじょう)そのものの匂いよ! 

その一輪一輪の浄潔(じょうけつ)とでも浄厳(じょうごん)とでも
いいたいような花びら、雌蕊(めしべ)、雄蕊(おしべ)の美しさには
なんらの卑猥の影もとどめない。

それだのに植物学者は
その花はやはり雌雄呼び交(かわ)すための装いでしかないと教える。


人間ひとり、男女呼び交すことを卑猥に感ずるというのは、
人間には我があって、天地の生命(せいめい)と一枚にならないからである。
エデンの楽園を追放せられたのはアダムとイブが、
智慧の樹(こ)の実を食べたからだと言う。

天地の生命(せいめい)と一枚になりきらないで、いろいろと人間の理屈で考える。
打算で考える、欲で考える、
そこに純潔であるべきはずの恋愛が不浄なものとして感じられてくる。

自分の快楽のために楽しもうと思って性欲を扱うから、
性欲が汚れたものに見えてくる。

            <感謝合掌 平成29年4月19日 頓首再拝>
8:伝統 :

2017/06/07 (Wed) 04:43:15


          *『 生長の家 』(昭和44年12月25日の法語)より

   青春の泉は、物質の栄養剤にはないのである。
   物質は、物理化学的な力を及ぼすけれども、
   細胞の老衰を食いとめる力はないのである。

   生命は ある物質条件が整うと、そこに姿をあらわすけれども、
   物質が生命をつくるのではないのである。

   生命自身が物質をつくり、物質の条件をつくり出して、
   そこに生命は“ 生物 ”として姿をあらわすのである。

   生命は 物質を左右し、物質をつくり出し、
   その条件をかえる力があるのである。

   地球上では近頃「 土地の造成 」ということが行われているけれども、
   天地創造の最初には、大生命が、真空の中に“ 水素 ”をつくり出し、
   “ 水素 ”を集めて大いなる球体として、それを太陽その他の天体とし、
   天体の地表に鉱物、植物、動物を生み出したのである。

   これは全く“ 生命 ”が物質を創造し 天体を創造し
   動物、植物、鉱物等をつくり出す力があることを示すのである。

   生命は 原子を転換して他の元素をつくることも出来るのである。
   かくて、最初は“ 水素 ”だけの固まりであったところの
   天体に多くの元素をつくり出したのである。

   祝福すべきかな
   生命の力、偉大なるかな生命の力、尊敬すべきかな生命の力、
   ありがとうございます。


   http://blog.goo.ne.jp/porarisu5gou/e/5a8699a8a6a08783fb87b1d2823812e2

            <感謝合掌 平成29年6月7日 頓首再拝>
9:伝統 :

2017/06/20 (Tue) 04:42:42


        *『生命の實相』第三十七巻幸福篇上(6月20日)より

自分が他(ひと)に対して冷酷であれば、
他(ひと)からも冷酷にせらえるものである。
類(るい)は類(とも)を招(よ)ぶ。

冷たい心は、冷たいメスを招び、刺す心の者は注射の針をもって刺され、
人を解剖してその悪を暴き出す心の者は、解剖せられる病にかかる。

生長の家は必ずしも医療に反対するのではない。
解剖せられる業を積んだものが、解剖せられるのは
業を果たして業を消す一つの方法であるから、
それはそれでよいのである。

ただ生長の家が教えたいのは、業を飛び超える道である。

業のない世界、暗(やみ)のない世界、光ばかりの世界 
―― そいう世界に入(い)るには
神想観をして神の 「全き《いのち》にて創造(つく)られてあり」 と念じて、
神の 「完(まった)き《いのち》」 の中に没入してしまうことである。

神の 「《完きいのち》」 の中には業もなければ、暗(やみ)もない。

           <感謝合掌 平成29年6月20日 頓首再拝>
10:伝統 :

2017/07/07 (Fri) 04:53:20


     *『生命の實相 幸福篇下 第三十八巻』<7月7日>(P10~12)より

健康を得んと欲するならば、
自己の生命を「神の生命(せいめい)」なりと観ぜよ。

神は健康であって病気に罹るなどのはずはないのであるから、
「神の生命」が自己の生命であると観じられるかぎりにおいて
健康を失うことはありえないのである。


瞑目合掌して自己の全身が「神の生命」に満たされて
光明燦然と輝いている有様を瞑視して、
それに精神を統一せよ。

漠然と「健康」と観ずるよりも、
具体的に観ずるほうがいっそう効果が多いのである。


自己の顔色(かおいろ)が桜色に輝き、筋肉はたくましく、内臓が健やかに
その職能を果たしつつある事実を心に描いて観ぜよ。


次のごとく具体的に心に唱えながら観ぜよ、

「神はわが眼にプラナを流れ入らしめたまい、わが眼を祝福して言いたまわく、
『眼よ、健やかであれ』と。すなわちかくなりぬ。

この眼は神の眼であって、神はこの眼を通して自己の創造の美しさを
鑑賞したまうのであるから、毎日いっそうわが眼の視力は増大するのである。


神わが耳にプラナを流れ入らしめ給いて、わが耳を祝福して言いたまわく
『耳よ、健やかであれ』と。すなわちかくなりぬ。

この耳は神の耳であって、神はこの耳を通して大自然および神の子たる
人間の音楽のいかに美しきかを鑑賞したまうのであるから、
毎日いっそうわが耳の聴力は微妙であっていかなるデリケートな音調でも
聴き分けることができるのである。


神わが鼻より咽喉、気管、気管支、肺臓および肋膜にプラナを流れ入らしめたまいて、
これらを祝福して言い給う『呼吸器よ、健やかであれ』と。すなわちかくなりぬ。


わが肺臓は神の霊が神の生命(せいめい)を呼吸するための器官として
具象化したまいしものであるから霊的実在であるのである。
だから決して黴菌に侵(おか)されるようなものではないのである。

自分はこの内臓が病菌に侵されるというような人類の共通観念を今かなぐり
捨てたのである。神の祝福したまいしごとくわが肺臓は健やかであるのである。


神わが心臓にプラナを流れ入らしめ給いてこれを祝福して言い給う
『心臓よ、健やかであれ』と。すなわちかくなりぬ。

わが心臓は神の霊の具体化であるのである。
だからわれは神がすべての人を愛したまうごとく
われもまたすべての人々を愛したのである。

神がすべての人々をゆるし給うごとくわれもまたすべての人々をゆるしたのである。
だからわが愛の感情は常に平安である。わが愛の感情は平安であるがゆえに常に
わが心臓も平安であるのである・・・」



このようにして「神が祝福し給う」という観念と言葉を通して
現実的に一つひとつの身体各部を健全化して視るのである。

「神プラナを流れ入らしめ給いて・・・」と念ずるときに、
神のプラナを吸い込むような気持ちで呼吸をそれに合致せしめると
いっそうよいのである。

         <感謝合掌 平成29年7月7日 頓首再拝>
11:伝統 :

2017/08/14 (Mon) 04:20:13


宇宙は一つの生命体である。

          *「光明法語」(7月12日)より

運動と云うものは「動くもの」とそれがその中で動くところの「媒質」とによって
可能となるのである。例えば魚は水中で動き、鳥は空中で動き、
ラジオの波は空間のエーテルを媒質として動く。

では吾々の想念は何を媒質として動くのであろうか。
吾々の想念は、「宇宙に満つる想念の普遍的波」の中で動くのである。
吾々の想念が全宇宙に伝わらないと云うことはあり得ないのである。

ただ、吾等はそれを自覚することが出来ないに過ぎない。
吾々の想念が或る処へ伝達して無限供給が出て来る原理は其処にある。

・・・

生命の本源は神

          *「光明法語」(7月13日)より

吾らの生命の本源は神は神である。
神は無限の活力の源泉であり給う。
神より無限の活力が生まれる。

先ず自分が神から悦ばれていると云う自覚を呼び起す事が治病の根本になる。
神に憎まれていると思う者は自己処罰の潜在意識よりして自己を苦しめる。
その一面の現れが病気なのである。

されば神に憎まれていると思う者は神と和解する事が必要である。
神と和解するには、先ず祈りのうちに懺悔し神に徹底的にあやまり切るのである。
そして、赦されたと云う実感を獲(う)るのである。

・・・

すべては霊である

          *「光明法語」(7月18日)より

すべては生命(いのち)である。
それは「活力」と言っても好い。全ては「活力」である。
エネルギーである。それはただ盲目的なエネルギーではない。

雪の結晶が六角の美しい花模様をしながら、
その一つ一つを悉く異なる図案に造っている如き智慧ある活力である。
智慧ある活力を称して「生命」と云う。

雪と云う無機物さえ「生命」は造ったのである。
それは「生命」の現れである。
物質及び肉体は「生命」の低い段階の現れである。

霊魂は「生命」の高い段階の現れである。

・・・

霊は物質を支配す

          *「光明法語」(7月19日)より

生命の高い段階のあらわれである霊が生命の低い段階のあらわれである
物質及び肉体を支配し得るのは当然である。霊が肉体に宿るとき、
それはただの物質の物理化学変化以上に、有目的に変形しはじめる。

ただ食品を積み重ねて置いても、それは腐敗分解の化学的変化を来たすばかりだが、
それに霊が宿るとき、その物質は「生命体」と変化して動き出すのである。

実は腐敗と見える現象も、
バクテリヤや蛆虫などの霊が物質を支配しつつあるのである。

         <感謝合掌 平成29年8月14日 頓首再拝>
12:伝統 :

2017/09/01 (Fri) 04:52:57


    *「光明法語」(9月1日)より

智慧と愛と美


生命の本源は智慧であり、愛であり、美である。

智慧と愛と美との表現が生命の根本的衝動であるのである。
雪の一片一片の結晶にも、名もない小草(おぐさ)の一枚の葉にも
不思議なる智慧と愛と美とが表現されているのである。

生命は普遍である。
普遍とは何処にも行きわたっている「一」つの存在であると云う事である。

アメリカに生じた禾本科(かほんか)の植物も
アジアに生じたる禾本科の植物も同様の構造をもっている。

アメリカ人も日本人も其の生理的構成は等しい。
全て兄弟である。

           <感謝合掌 平成29年9月1日 頓首再拝>
13:伝統 :

2017/09/21 (Thu) 03:52:47


         *『 生長の家 』(昭和25年1月22日の法語)より

   「 人もし全世界を得るとも その生命を失わば何の価値あらんや 」
   とキリストは教えている。

   生命程 尊いものはないのである。


   その生命のことを忘れて、生命以外のことを求める。
   それが顛倒(てんどう)妄想である、逆さまの想(おも)いである。

   もし吾らが死刑の宣告を受けて、
   「 お前の全財産を自分によこすならば お前の生命は助けてやろう 」
   といわれたならば、喜んで その全財産を投げ出すに違いない。

   然しそういう切羽詰った場合でないと 多くの人は、
   つまらない物質的なものを得んがために尊い生命を忘れている。


   → http://blog.goo.ne.jp/porarisu5gou/e/35076a103b53b142389c4fd0460e8110

           <感謝合掌 平成29年9月21日 頓首再拝>
14:伝統 :

2017/10/13 (Fri) 03:16:04


        *『 生長の家 』(昭和24年2月11日の法語)より

   吾々は、自分の身辺に起るすべての事物と状態とを、
   自分の想念の力によって造る。

   吾々の 「 生命 」 というものは
   目に見えざる実質の如きものであって、
   その中に無限の力を蔵している。

   然(しか)しその無限の力は、
   そのまま静かなるままでは現れない。

   それは宇宙に充満するエーテルが、
   そのまま静かなるままでは何ら現れないけれども、

   それが一度 波動となれば、
   光となり、電磁波となり、電子となり、
   諸々の原案となって出現し来るように、

   吾々の 「 生命 」 も 波動となり想念となった時、
   始めてその力を現(あら)わす。


    → http://blogs.yahoo.co.jp/meikyou123/12924646.html

           <感謝合掌 平成29年10月13日 頓首再拝>
15:伝統 :

2017/10/18 (Wed) 04:46:20


     *『生命の實相 幸福篇下 第三十八巻』<十月「円満具足」18日>より

肉の我(われ)は「本当の我)われ)」が《ここにある》象徴である。
「これ」と眼に視える事物を指(ゆび)さすとき、本当は、
その奥にある「眼に視えない本物」を指(ゆび)さしたのである。

一個の指(ゆび)さされたる柿の実は滅びるのである。
しかし、本当の柿は永遠に滅びることなきがゆえに、
毎年また、機縁熟すれば姿をあらわすのである。

眼に見える柿は《本当の柿》ではなく、柿の象徴である。
本当の柿は「理念<いのち(りねん)>」である。

《いのち》にに触れたものでないと《いのち》はわからない。

           <感謝合掌 平成29年10月18日 頓首再拝>

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.